ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 移住定住に関する情報 > 鋸南町について

本文

鋸南町について

印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示 記事Id:0003885 更新日:2020年5月29日更新
<外部リンク>

鋸南町のプロフィール

 鋸南町は、房総半島の西南に位置し、北は富津市、東は鴨川市、南は南房総市に接し、西は東京湾に囲まれています。鋸山の南側に位置していることから、鋸南町(きょなんまち)と名付けられました。周囲を海と山に囲まれ、年間を通して温暖な気候、都心から1時間という地理的条件に恵まれています。風光明媚な海岸線は、古くから避暑地として多くの海水浴客が訪れていました。
 人口は約7500人の小さな町ですが、日本一の大仏、四季折々の花が咲く佐久間ダム公園、見返り美人で有名な菱川師宣生誕の地、源頼朝伝説等々、花と歴史と文化の薫る町です。

鋸山

日本三大水仙群生地のひとつ

 鋸南町の水仙の歴史は古く、江戸時代にはすでに江戸に送られ、武家屋敷の正月の床の間を飾る花として人気がありました。
 現在は越前・淡路と並ぶ日本三大水仙群生地のひとつとして、毎年多くの観光客が早春の香りを楽しみに訪れています。

水仙

日本一の桜の里を目指して

 鋸南町では石橋山の戦いに敗れ、小舟で逃れた源頼朝が竜島海岸に上陸し、再起を図ったという歴史的事実にちなみ、河津桜に「頼朝桜」との愛称をつけ、住民相互の親睦を深め、地区コミュニティの推進を図りながら町を日本一の桜の名所にするため、町民一丸となり植樹に取り組んでいます。

桜

鋸南町の魅力とは

・都心から近い!

車では60分で、電車では110分で来ることができます。
鋸南町へのアクセス

・1年を通して過ごしやすい!

東京都に比べてこんなにも暖かいんです。東京都より年間平均気温が2.1度も高く、1年間を通してとても過ごしやすいです。
鋸南町平均気温

・道の駅で新鮮な野菜が手に入る!

地元の農家の方がその日に採れた野菜を直接卸しにくるので、新鮮な野菜が格安で買えます!
保田小の野菜

鋸南町への移住をお考えの方へ

 移住への興味をひくものや、気になることがございましたら、毎月2回(第2火曜日、第4土曜日)、道の駅保田小学校で行われております地域おこし協力隊による移住相談窓口を是非ご利用ください。
 また、電話でもご相談をお受けしておりますので鋸南町役場地域振興課まちづくり推進室までお電話ください。