ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 地域振興課 > まちづくり推進室 > 鋸南町空き家バンク

本文

鋸南町空き家バンク

印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示 記事Id:0001570 更新日:2021年2月19日更新
<外部リンク>

鋸南町では空き家を利活用し、移住・定住の促進による地域の活性化を図る、鋸南町空き家情報登録制度「空き家バンク」を立ち上げました。
「空き家を誰かに売りたい、貸したい」などと考えている空き家所有者の皆さん、「鋸南町へ移り住んで定住したい」などと考えている空き家利用希望者の皆さん、空き家バンクに登録してみませんか。
実際の契約交渉などの仲介は、町と協定を締結した町内宅地建物取引業者が行いますので安心です。

物件情報について

空き家バンクに登録された物件の情報はこちらから検索・閲覧することができます。

空き家バンクサイトへのリンク画像<外部リンク>

町内に空き家を所有している方へ

(1)物件登録申し込み
設置要綱をご確認の上、第1号様式「空き家バンク物件登録申込書」、第2号様式「空き家バンク物件登録カード」、第3号様式「同意書」をご記入し、地域振興課までお申し込みください。
(2)現地調査
町と協定を締結した町内宅建業者が、物件確認のため、所有者立会いのもと現地調査を実施します。契約内容や修繕の有無等についてご確認ください。
(3)物件登録・情報提供
現地調査後、調査を実施した宅建業者からの結果報告により、町の空き家バンク登録台帳に登録します。登録後、町のホームページ及び地域振興課窓口で物件情報を移住希望者に提供します。
(4)物件見学・交渉→契約
移住希望者より、物件の見学について申し込みがあった場合、町及び宅建業者よりご連絡します。見学後に利用希望があった場合は現地調査を実施した宅建業者の仲介のもと交渉・契約となります。

町内に空き家を所有している方への画像

鋸南町空き家バンク制度における「農地付き空き家」の取り扱いについて

農地の売買・貸借等の権利取得を行う場合、農地法第3条に基づく農業委員会の許可を受ける必要があります。
ただし、取得後において耕作すべき農地の合計が合計面積30アール(3,000平方メートル)に達していないと、農業委員会の許可を受けることが原則としてできません。
そこで、鋸南町農業委員会では、空き家に附属する農地で一定の条件を満たしている場合は「別段の面積」を適用する制度を設け、農地の面積が1アール(100平方メートル)に達していれば権利取得に係る農業委員会の許可を受けることが可能となりました。
なお、別段の面積の特例を受けるには、あらかじめ空き家と付随する農地を一体として「鋸南町空き家バンク」に物件登録申請を行う必要があります。
本制度と空き家バンク制度を活用して空き家と農地を一体として提供することにより、移住や新規就農を促進することを目的としています。
詳しくは、以下の資料をご確認下さい。

農地付き空き家募集 [Wordファイル/18KB]

空き家バンクを利用し、町内に移住したい方へ

(1)利用登録申し込み
設置要綱をご確認の上、第8号様式「空き家バンク利用登録申込書」に必要事項をご記入し地域振興課までお申し込みください。
(2)希望する空き家を選択
鋸南町空き家バンクホームページや地域振興課窓口から希望する空き家を選択し、見学を希望される場合は地域振興課までご連絡ください。
(3)物件見学
町と協定を締結した町内宅建業者の案内のもと、物件を見学します。物件のみでなく、地域の情報や周辺の様子もご確認ください。
(4)利用申し込み
利用を希望される物件があった場合、第13号様式「空き家バンク物件利用申込書」、第14号様式「誓約書」に必要事項をご記入し、地域振興課までお申し込みください。
(5)交渉→契約
物件を見学した際に案内をした宅建業者の仲介のもと交渉・契約となります。

空き家バンクを利用し、町内に移住したい方へ
※町は、物件登録者と利用登録者との空き家に関する交渉及び売買、賃貸借その他契約については、一切これに関与しません。

町と協定を締結した宅建業者

協定書

協定書[PDFファイル/125Kb]

東海R.estate株式会社

有限会社三洋商事

  • 所 在 地  鋸南町保田248番
  • 代 表 者  代表取締役 高木 洋一
  • 連 絡 先  0470-55-1124
  • ホームページ www7b.biglobe.ne.jp<外部リンク>

鋸南町空き家情報登録制度「空き家バンク」設置要綱・様式集

設置要綱

設置要綱[PDFファイル/151Kb]

空き家所有者向け

空き家利用希望者向け

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)