ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ >     > 菱川師宣記念館 新収蔵品展の開催

本文

菱川師宣記念館 新収蔵品展の開催

印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示 記事Id:0004342 更新日:2020年8月31日更新
<外部リンク>

「菱川師宣記念館 新収蔵品展」

~故郷に唯一残った幻の師宣の肉筆画と、父の刺繍画が、今ここに並ぶ~

会期 令和2年9月8日から11月1日まで

 浮世絵を開花させた菱川師宣。その技量や芸術性は故郷の房州保田、特に父の影響にあるとされます。このたび地元に唯一現存した師宣の墨絵の名画「昇り龍図」と、父吉左衛門の刺繍画「柿本人麻呂像」の寄贈を受け、貴重な父子両作品の同時公開となります。加えて師宣の「桜花立美人図」や友房の「風俗絵巻」など新たに収蔵品となった肉筆画を展示し、師宣と故郷保田について、あらためて紹介します。

 さらに大正期、文人・歌人や画家が愛し移住し、創作活動を展開した保田にもスポットをあて、新たに寄贈された石原純、原阿佐緒、金森南耕、山内多門らの肉筆作品や貴重な資料を展示し、知られざる保田の魅力を、江戸と大正の二つの時代から紹介する展覧会です。

※新型コロナウィルス感染拡大防止として、検温・マスク着用・来館者名簿・距離の保持・団体入館制限等を行っています。

 新収蔵品展パンフレット [PDFファイル/1.64MB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


菱川師宣記念館

収蔵品紹介
鋸南なるほど物語
鋸南の歴史資料館