ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 新型コロナウイルス感染症に関する情報 > 新型コロナウイルス感染症にかかるセーフティネット保証の認定について(5月20日追記)

本文

新型コロナウイルス感染症にかかるセーフティネット保証の認定について(5月20日追記)

印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示 記事Id:0003610 更新日:2020年6月3日更新
<外部リンク>

セーフティネット保証4号

対象となる中小企業

・指定地域において一年間以上継続して事業を行っていること。
・新型コロナウイルス感染症に起因して、この災害の影響を受けた後、原則として最近一か月の売上高等が前年同月と比較して20%以上減少しており、かつ、その後二か月も同様に前年同月と比較して20%以上の減少が見込まれること。
※事情により前年同月との比較が困難もしくは適切でない場合、異なる基準をもって認定を行います。

※指定期間は令和2年2月18日から令和2年9月1日まで(6月1日から三か月延長されました)
 

申請方法

セーフティネット保証4号申請の必要書類(必要書類は下記からダウンロードできます。)

必要書類 備考
認定申請書 鋸南町控え1枚、認定書兼用1枚
売上高確認表  
試算表等 認定申請書に記載した売上高が確認できる資料
確定申告書 鋸南町で1年以上継続して事業を行ったことを証明できる資料
委任状 代表者または従業員以外が申請される場合にご使用ください。

 ※ その他必要と認められる書類がある場合は、追加で提出して頂くことがあります。

 ※5月1日から7月31日までに発行されたものの有効期限については8月31日までとする。

セーフティネット保証5号

対象となる中小企業

・国の指定する業種に属する事業を営んでいること
・最近三か月の売上高が前年同月に比べ5%以上減少していること

指定業種

申請方法について

セーフティネット保証5号申請の必要書類(書類は下記からダウンロードできます。)

必要書類 備考
認定申請書(要件1) 営んでいる事業がすべて指定業種である場合
認定申請書(要件2) 非指定業種を含む複数の事業を営んでおり、主たる業種が指定業種であり、営んでいるすべての業種の売上高の内訳が判明している場合
認定申請書(要件3) 非指定業種を含む複数の事業を営んでおり、主たる業種が非指定業種または営んでいるすべての業種の売上高の内訳が算出できない場合
売上高確認表

売上高比較表(要件1) 売上高比較表(要件2) 売上高比較表(要件3)

対応するものを用意

試算表等 認定申請書に記載した売上高が確認できる資料
委任状 代表者または従業員以外が申請される場合にご使用ください。

 ※ その他必要と認められる書類がある場合は、追加で提出して頂くことがあります。

 ※5月1日から7月31日までに発行されたものの有効期限については8月31日までとする。

危機関連保証

対象となる中小企業

・新型コロナウイルス感染症に起因して、この災害の影響を受けた後、原則として最近一か月の売上高等が前年同月と比較して15%以上減少しており、かつ、その後二か月も同様に前年同月と比較して15%以上の減少が見込まれること。
※事情により前年同月との比較が困難もしくは適切でない場合、異なる基準をもって認定を行います。

申請方法について

危機関連保証申請の必要書類(必要書類は下記からダウンロードできます。)

必要書類 備考
認定申請書 鋸南町控え1枚、認定書兼用1枚
売上高確認表  
試算表等 認定申請書に記載した売上高が確認できる資料
確定申告書  
委任状 代表者または従業員以外が申請される場合にご使用ください。

 ※ その他必要と認められる書類がある場合は、追加で提出して頂くことがあります。

 ※5月1日から7月31日までに発行されたものの有効期限については8月31日までとする。

注意事項

1.本認定とは別に、金融機関及び信用保証協会による審査があります。
2.市町村長または特別区長から認定を受けた後、本認定の有効期間内に金融機関または信用保証協会に対して、経営安定関連保証の申し込みを行うことが必要です。