ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 保険・年金 > 国民健康保険 > 国民健康保険の手続きが必要なとき

本文

国民健康保険の手続きが必要なとき

印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示 記事Id:0001714 更新日:2019年12月6日更新
<外部リンク>

国民健康保険に加入する人

国民健康保険は、次の項目に該当する方を除き、町内に住所をもつすべての方が加入しなければなりません。

  • 職場の健康保険,船員保険,各種共済組合の保険加入者とその被扶養者
  • 生活保護世帯の方
  • 国民健康保険組合に加入している方
  • 後期高齢者医療制度に加入している方

 

このような時は、14日以内に届出を

国保に加入するとき
どのようなとき 届出に必要なもの
国保加入者であった方が他の市区町村から転入したとき 他の市区町村の転出証明書・印鑑
職場の健康保険をやめたとき 職場の健康保険をやめた証明書・印鑑
職場の健康保険の被扶養者でなくなったとき 被扶養者になれない理由の証明書・印鑑
国保世帯に子どもが生まれたとき 印鑑・保険証・母子手帳
生活保護を受けなくなったとき 保護廃止決定通知書・印鑑
外国籍の方が加入するとき 在留カード
国保をやめるとき
どのようなとき 届出に必要なもの
他の市区町村に転出するとき 保険証・印鑑
職場の健康保険に加入したとき 国保と職場の健康保険の両方の保険証・印鑑
(職場の健康保険証が未交付のときは加入したことを証明するもの)
職場の健康保険の被扶養者になったとき 国保と職場の健康保険の両方の保険証・印鑑
(職場の健康保険証が未交付のときは加入したことを証明するもの)
国保の被保険者が死亡したとき 印鑑・保険証・死亡を証明するもの
生活保護を受けるようになったとき 保険証・保護開始決定通知書・印鑑
外国籍の方が社会保険等に加入したとき 保険証・在留カード
その他
どのようなとき 届出に必要なもの
同じ市区町村内で住所が変わったとき(転居したとき) 保険証・印鑑
世帯主や氏名が変わったとき 保険証・印鑑
世帯が分かれたり、一緒になったとき 保険証・印鑑
長期の旅行等で別に保険証が必要なとき 保険証・印鑑
修学のため、別に住所を定めるとき 保険証・在学証明書・印鑑
保険証をなくしたとき
(または汚れて使えなくなったとき)
身分を証明するもの(使えなくなった保険証など)・印鑑

加入の届出が遅れると

国民健康保険に加入しなければならないのに届出が遅れると、保険料を遡って払わなければならなくなったり、被保険者証がないため、その間医療費が全額自己負担となります。

やめる届出が遅れると

国民健康保険の資格がなくなったのに届出が遅れると、被保険者証が手元にあるため、うっかりそれを使って診療を受けてしまうことがあります。
このような時は、国保で負担した医療費をあとで返していただくことになります。