ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 農業委員会事務局 > 農業委員会事務局 > 空き家に附属する農地の取得について

本文

空き家に附属する農地の取得について

印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示 記事Id:0006076 更新日:2021年2月8日更新
<外部リンク>

空き家に付随した農地取得が1アールになります

 鋸南町農業委員会では、令和3年1月21日より空き家に附属した農地を空き家とともに取得する場合であって、次の条件を満たす場合、農地法第3条による下限面積要件を1アール(100平方メートル)に引き下げます。

○要件

・指定を受ける農地のすべてまたは一部が遊休農地または遊休農地になることが確実であること。

・付随する空き家が鋸南町空き家バンクに登録されていること。

 

農地の登録から取得までの流れ

1.鋸南町空き家バンクに空き家の登録申請をする。

2.付随する農地の指定申請書を農業委員会へ提出する。(様式第1号)

3.農業委員会にて審査し適当と認めた場合は告示を行う。

4.空き家バンク本登録。

5.所有者及び利用希望者(購入者)は、農地法第3条許可申請書を作成し、農業委員会へ提出する。

  また、利用希望者(購入者)は、空き家に居住することの確約書(様式第2号)も提出する。

6.農業委員会にて審議し、適当と認めた場合は許可書を交付。

鋸南町空き家バンクページはこちら

 

取扱い規程及び各種様式

空き家に附属する農地の別段の面積取扱規程 [Wordファイル/17KB]

様式第1号 [Wordファイル/48KB]

様式第2号 [Wordファイル/19KB]

農地法第3条に係る申請様式

許可申請書(農地法第3条) [Wordファイル/61KB]

営農計画書 [Wordファイル/32KB]

提出書類一覧 [Excelファイル/37KB]