ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 税務住民課 > 税務収納室 > 令和4年度住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金について

本文

令和4年度住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金について

印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示 記事Id:0007872 更新日:2022年7月1日更新
<外部リンク>

新型コロナウイルス感染症の影響が長期化する中で、様々な困難に直面した方々が、速やかに生活・暮らしの支援を受けられるよう、住民税非課税世帯等に対して、1世帯あたり10万円を給付します。

すでに令和3年度の住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金の支給を受けた世帯、または当該世帯の世帯主であった者を含む世帯は本給付金の対象外です。

対象世帯

(1)住民税非課税世帯

  次のすべてに該当する世帯

  ・令和3年12月10日時点で日本全国のいずれかの市町村で住民登録があり、

   令和4年6月1日時点において、鋸南町に住民登録がある世帯

  ・令和4年度に新たに世帯全員の住民税均等割が非課税となった世帯

 

(2)家計急変世帯

(1)に該当しない世帯で、令和4年1月以降に新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変し、世帯員全員のそれぞれの収入見込額が、住民税非課税相当水準以下である世帯

 

上記(1)、(2)いずれも、住民税均等割が課税されている者の扶養親族のみで構成される世帯は除きます。

住民税非課税相当額参考(給与収入の場合)
家族構成例

非課税相当限度額

(収入額ベース)

非課税相当限度額

(所得額ベース)

単身または扶養親族がいない場合 93.0万円 38.0万円
配偶者・扶養親族(計1名)を扶養している場合 137.8万円 82.8万円
配偶者・扶養親族(計2名)を扶養している場合 168.0万円 110.8万円
配偶者・扶養親族(計3名)を扶養している場合

209.7万円

138.8万円
配偶者・扶養親族(計4名)を扶養している場合

249.7万円

166.8万円
 
障害者、未成年者、寡婦、ひとり親の場合 204.3万円

135.0万円

 ※障害者、未成年者、寡婦、ひとり親の場合で、非課税相当限度額(所得額ベース)が135.0万円を超える場合は、上表を適用します。

 

非課税世帯チャート [PDFファイル/589KB]

 

申請方法

(1)「住民税非課税世帯」に該当する世帯

令和3年12月10日以前から鋸南町に住民登録のある世帯
 手続きの流れ 

 1.鋸南町から給付対象世帯へ確認書を送付します。(令和4年7月1日から順次発送予定)

 2.確認書が届いたら、記載内容の確認と必要事項を記入の上、下記返送期限までに返送してください。

 3.鋸南町に確認書が届き次第審査を行い給付します。

   ※確認書の内容を確認後、おおむね3週間程度で指定口座に振込みます。

   ※振込日について通知は行いませんので、記帳などによりご確認ください。

 

確認書の返送期限

  令和4年9月30日(金)

 

確認書の返送先

  〒299-2192

  鋸南町下佐久間3458

  鋸南町役場税務住民課 税務収納室 臨時特別給付金担当

 

令和3年12月11日以降に鋸南町に転入してきた方がいる世帯
手続きの流れ

     1.令和4年6月1日時点に住民登録のある市町村への申請が必要です。

     2.申請書等の必要書類を添付して下記期限までに申請してください。

     3.申請後、審査を行い給付します。

   ※審査終了後、おおむね3週間程度で指定口座に振込みます。

 

必要書類

   1.『住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金申請書(請求書)』

   2.申請者(世帯主)の本人確認書類の写し(運転免許証、健康保険証、マイナンバーカード等の写し)

     3.受取口座を確認できる書類の写し(通帳やキャッシュカード等で受取口座の金融機関名・口座番号・口座名義人が確認できる部分の写し)

   4.『令和4年度非課税証明書の写し』(令和4年1月2日以降転入された方全員分)

 

申請書様式

  1.住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金申請書(請求書) [Excelファイル/68KB]

  (記載例)

  1.【記載例】住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金申請書(請求書) [Excelファイル/73KB]

 

申請書の提出期限

  令和4年9月30日(金)

 

注意事項

 ※確認書の内容に不備がある場合は、給付が遅れることがあります。

 ※審査の結果、給付対象外となった場合には、個別にご連絡します。

 ※給付金を受給後に、給付要件に該当しないことが明らかになった場合には、給付金を返還していただく必要があります。(修正申告等により令和4年度住民税均等割が課税となった場合など)

 ※すでに令和3年度の住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金の支給を受けた世帯、または当該世帯の世帯主であった者を含む世帯は本給付金の対象外です。

 

(2)「家計急変世帯」に該当する世帯

手続きの流れ

 1.申請時に住民登録のある市町村への申請が必要です。

 2.申請書等の必要書類を添付して下記期限までに申請してください。

 3.申請後、審査を行い給付します。

   ※審査終了後、おおむね3週間程度で指定口座に振込みます。

 

判定基準

 世帯員全員のそれぞれの収入見込額(令和4年1月以降の任意の1ヶ月の収入を12倍した額)が、住民税非課税世帯相当水準以下であること。

 ※新型コロナウイルス感染症の影響で収入が減少した世帯が本給付の対象となります。

 ※一度給付を受けた世帯に属する者を含む世帯は対象になりません。

 

必要書類

 1.『住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金(家計急変世帯分)申請書』

 2.申請者(世帯主)の本人確認書類の写し(運転免許証、健康保険証、マイナンバーカード等の写し)

 3.受取口座を確認できる書類の写し(通帳やキャッシュカード等で受取口座の金融機関名・口座番号・口座名義人が確認できる部分の写し)

 4.『簡易な収入(所得)見込額の申立書』

 5.「令和4年中の収入の見込額」または「任意の1ヶ月の収入」の状況を確認できる書類の写し

   (※「任意の1ヶ月の収入」…給与明細等)

 6.(令和4年1月1日以降、複数回転居した方)戸籍の附表の写し

 

申請書様式

 1.住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金(家計急変世帯分)申請書 [Excelファイル/52KB]

 2.簡易な収入(所得)見込額の申立書 [Excelファイル/81KB]

 (記載例)

 1.【記載例】住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金(家計急変世帯分)申請書 [Excelファイル/56KB]

 2.【記載例】簡易な収入(所得)見込額の申立書 [Excelファイル/65KB]

 

申請期限

  令和4年9月30日(金)

 

申請書提出先

  〒299-2192

  鋸南町下佐久間3458

  鋸南町役場税務住民課 税務収納室 臨時特別給付金担当

 

注意事項

 ※確認書の内容に不備がある場合は、給付が遅れることがあります。

 ※審査の結果、給付対象外となった場合には、個別にご連絡します。

 ※給付金を受給後に、給付要件に該当しないことが明らかになった場合には、給付金を返還していただく必要があります。

 

 

暴力(DV)、虐待被害等を理由に避難している方

 DVや虐待等の被害により避難している場合、避難先の市区町村から給付金を受給できる場合があります。

 避難先の市区町村へご相談ください。

 

問い合わせ先

・内閣府コールセンター

  電話番号(フリーダイヤル)0120-526-145

  受付時間:午前9時から午後8時(土曜日・日曜日・祝日を含む)

 

・鋸南町役場税務住民課 税務収納室

  電話番号 0470-55-2113

 

※本給付金制度についての詳細は、内閣府ホームページ<外部リンク>でご確認ください。

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)