3月から介護予防・日常生活支援総合事業が始まりました

介護保険制度の改正により、地域全体で高齢者を支え、住み慣れた地域で過ごせる体制づくりを推進する制度として「介護予防・日常生活支援総合事業(総合事業)」が創設され、町では3月末から事業を開始しました。

 

◆主な変更点◆

要支援1・2の認定を受けた方に提供している「介護予防訪問介護(ホームヘルプ)」「介護予防通所介護(デイサービス)」は、総合事業の「訪問型サービス」「通所型サービス」に移行して実施されます。

 

※現在、介護予防訪問介護・介護予防通所介護を利用している方は、総合事業に移行した後も同じ事業者から同様のサービスを利用することができ、利用者負担も変更がありません。

 

※現在、要支援認定を受けている方は4月以降の更新後に総合事業のサービスに随時移行します。

 

◇問合わせ◇ 地域包括支援センター 電話50-1172  FAX55-4148