り災証明で半壊以上の被災家屋等を申請により、町が解体・撤去を行います。

 

町では,令和元年台風15号・19号により損壊(半壊以上)した町内の被災家屋等について、生活環境の保全とともに、二次災害の防止及び被災者の生活再建支援を図るために、所有者の申請に基づき、町が被災家屋等の解体・撤去を行います。

 

〇相談受付開始のお知らせ
「町での解体」又は「既に解体を実施された方(自費償還)」の相談を開始します。

 

1.相談開始日:令和2年1月16日(木)から
①時間:月曜日から金曜日(祝日を除く)の9時から16時
※今後、申請状況により変更する場合があります。
②場所:鋸南町役場本庁3階 建設水道課 建設環境室

 

2.予約受付開始日:令和2年1月6日(月)から
①時間:月曜日から金曜日(祝日を除く)の9時から17時
※窓口でお待たせしないように予約制とします。
希望される方は、以下のお問合せ先までご連絡ください。
予約時間は9時から16時までの1時間単位となります。

 

〇公費解体とは
り災証明書で半壊以上の被災家屋等の解体・撤去を、所有者の申請に基づき、直接町が解体・撤去を行うものです。

 

〇自費償還とは
り災証明書で半壊以上の被災家屋等の解体・撤去を、個人で費用負担した場合は、その費用を償還します。ただし、町が定めた基準で償還金額を算定しますので、撤去費用の全額を償還できない場合がありますので、ご了承ください。

 

〇対象となる家屋等の主な要件
次の条件を全て満たしている必要があります。
①り災証明書で、半壊以上の判定を受けたもの(全壊、大規模半壊、半壊が対象)
②個人が所有する住宅及び併用住宅(居住のために使用しているもの)
③家屋等をすべて解体・撤去するもの(一部解体やリフォームは対象外)

 

公費解体制度の相談開始(周知チラシ)

 

〇問合せ先
鋸南町役場 建設水道課建設環境室(本庁3階)
電話番号 0470‐55‐2133

  • 2020(H32)/01/06   09:00
  • 建設環境室