台風第15号等の被災者に対する被災住宅工事相談窓口の設置について

千葉県では、令和元年台風第15号等の被災者の方に対し、(一社)全国木造建設事業協会千葉県協会(以下、全木協)の協力を得て、11月7日(木曜日)から電話による被災住宅工事相談窓口を開設します。
全木協では、住宅の修理を必要とする被災者に対して、災害救助法に基づく応急修理申請及び被災住宅修繕緊急支援事業補助金申請に係る見積作成や工事を請け負う業者を紹介します。

被災住宅の修理でお困りの方へ(被災住宅工事相談窓口)(PDF:191KB)

 

1.受付日時及び専用ダイヤル

令和元年11月7日(木曜日)から

午前9時00分~午後4時00分
月曜日~土曜日(日曜及び祝日は休み)

専用ダイヤル:0120-029-289

 

2.対象者

台風15号、19号及び10月25日の大雨による罹災証明書を取得している方もしくは取得予定の方

 

3.全木協の業務内容
・被災者からの見積依頼を全木協が専用ダイヤルで受付
・全木協は、被災者からの相談により、全木協千葉県協会会員内の登録業者の中から業者を選定
・選定された業者は、現地調査を行い、見積書を作成し被災者へ提出

※見積書の作成までは、選定された業者が無料で行います。

 

(参考)被災された方が見積書取得後に行うこと

当該業者に修理を依頼する場合、見積書を使用し、応急修理や被災住宅修繕緊急支援事業補助金の申請を行う。

 

4.実施団体:一般社団法人全国木造建設事業協会千葉県協会

応急仮設木造住宅の建設推進事業のほか、木造建築を通した森林・林業活性化事業や全国の大工・工務店への技術支援及び人材育成事業に取り組んでいる団体です。

  • 2019(H31)/11/24   08:00
  • 復興支援室