住宅の応急修理(半壊以上)のお知らせについて

令和元年台風第15号により被災された皆様に対する

『住宅の応急修理(住宅支援)』のお知らせについて

 

今回の台風により、住宅に甚大な被害を受けられたに皆さまに、住宅の応急修理の支援についてお知らせします。

 

1 対象者

(1)以下の全ての要件を満たす者(世帯)

①当該災害により半壊又は大規模半壊の住家被害を受けたこと

災害により半壊又は大規模半壊の住家被害を受け、そのままでは住むことができない状態にあること。

ただし、対象者が自宅にいる場合であっても、日常生活に不可欠な部分に被害があれば、住宅の応急修理の対象として差し支えない。

* 1 A completely destroyed house is a house that has been damaged to the extent that it cannot be repaired, so it must not be subject to emergency repairs. However, even in the case of complete destruction, this does not apply to cases where residence is possible by carrying out emergency repairs.,ja

※2 非住家は、制度の対象とはならない。

②応急修理を行なうことによって、避難所等への避難を要しなくなると見込まれること

対象者(世帯)が、現に、避難所、車等で避難生活を送っており、応急修理を行うことで、被害を受けた住宅での生活が可能となることが見込まれる場合を対象とする。

③応急仮設住宅を利用しないこと

住宅の応急修理と重複して応急仮設住宅を利用することは、応急修理の目的を 達成できないため認められない。

(2)資力等の要件

災害のため住家が半壊し、自らの資力では応急修理することができない者を対象とし、申出書(様式第2号)により、資力の有無を客観的に判断する。

 

2 住宅の応急修理の範囲及び基本的考え方

(1)住宅の応急修理の範囲

The scope of emergency repairs for homes is the essential part of daily life for basic parts such as roofs, openings such as doors, plumbing and wiring for water and sewage, and sanitary facilities such as toilets. The emergency repair will be carried out at appropriate places.,ja

(2)基本的考え方

応急修理の箇所や方法等についての基本的考え方は、以下のとおりとする。

(詳細は、別紙3「応急修理にかかる工事例」のとおり)

①令和元年台風第15号の被害と直接関係ある修理のみが対象となる。なお、停電からの復旧過程における火災(通電火災)による被害は対象外である。

②内装に関するものは原則として対象外とする。ただし、床や外壁の修理と併せて畳等や壁紙の補修が行われる場合については、以下の取扱とする。

応急修理は、一般的には、より緊急を要する部分から実施すべきものであり、通常、畳等や壁紙の補修は、優先度が低いと解される。また、壊れた外壁の修理とともに壁紙の補修を実施する場合には、当該壁の部分に限り対象とする。

③修理の方法は、柱の応急修理が不可能な場合に壁を新設するなど代替措置でも可とする。

④家電製品は対象外である。

 

3 基準額等

(1) Expenses that can be spent for emergency repairs of homes include all expenses such as raw material costs, labor costs, and repair office expenses, and the limit per household is 595,ja,000円(税込)以内とする。

(2)同一住家(1戸)に2以上の世帯が居住している場合に住宅の応急修理のため支出できる費用の額は、(1)の1世帯当たりの額以内とする。

(3)借家の取扱い

The rented house is originally repaired by the owner, but the emergency repair of the house under the Disaster Relief Act does not reconstruct the house or compensate for damage to the house, but secures a place for living. Therefore, even if it is a rented house, if the owner cannot repair it and cannot repair it with the help of the resident, there is no place to live, so an emergency repair is performed with the consent of the owner. It does not matter.,ja

 

 

4 Contact,ja

総務企画課 復興支援室

電話番号 0470-28-5525

 

【 様式・制度概要 】

○ Submit at the time of application,,ja,○ Submit after construction,,ja,Created by contractor,,ja,Form 5_ Completion Report,,ja

様式_1申込書・様式2_申出書

様式1_添付参考資料

様式3_見積書

記載例(様式2,3)

 

○工事完了後に提出(施工業者作成)

様式5_完了報告

 

制度の概要について

 

  • 2020(H32)/01/11   08:30
  • 復興支援室