戸籍・住民票窓口での本人確認が必要になりました

◆5月1日から戸籍・住民票窓口での本人確認が必要になりました

住民基本台帳法 及び戸籍法が改正され、戸籍証明や住民票などの不正な取得を防止するため、平成20年 5月1日から、戸籍謄本や住民票の写し等を請求する際は『窓口にいらした方の本人確認』が必要になりました。
戸籍や住民票の写し等を取りにい らっしゃるときは、必ず免許証等の身分確認資料を持参のうえ、窓口にてご提示ください。また、窓口にいらした方が代理人 や使者の場合は、本人確認に加えて委任状などの書面の提出が必要です。
戸籍関係の請求

  • 本人確認のみで請求できる方・・本人、直系の親族
  • ※代理人の場合は、たとえ兄弟等の近い関係の方でも基本的には委任状が必要です。

住民票関係の請求

  • 本人確認のみで請求できる方・・本人、同一世帯員(同じ住所でも世帯が分かれている方は同一世帯員ではありません)
  • ※代理人の場合は、たとえ親子等の関係の方でも基本的には委任状が必要です。

郵送で請求する際の本人確認の方法

  • 窓口で申請する際 と同様の身分確認資料のコピーを申請書と一緒に送っていただきます。
    また返送先は、基本的には 請求者本人の現住所となります。

 身分確認資料としてお使いいただけるもの

  • 1点でよいもの・・・顔写真付の公的な証明書
  •  〈例〉運転免許証、パスポート、顔写真付きの住民基本台帳カード
  • 2点必要なもの・・・顔写真なしの証明書類
  •  〈例〉健康保険証、後 期高齢者医療被保険者証、介護保険証、預貯金通帳、顔写真なしの住民基本台帳カード、年金手帳、年金証書等