よくある質問/くらし・生活・相談

【住居】

行政相談では、どのようなことを相談できますか

国道の整備や医療保険・年金など国の仕事に関する苦情や相談を広く受け付けます。

【総務企画課 総務管理室】

【相談】

ふるさと納税の制度はありますか
鋸南町豊かなまちづくり寄付金制度がございます。2,000円以上からの受入れが可能で、所得税等の控除が適用されます。詳しくは、鋸南町公式ホームページ又は電話でお問い合わせください。
http://www.town.kyonan.chiba.jp/kyonan/categories/kikaku-05/

【総務企画課 企画財政室】

【くらし】

町内移動のためのバス運行等はありますか
町営バスを運行しています。平日はバス2台で各5便、休日・祝日は各3便を運行しており、水仙まつり期間中には臨時便を運行しています。運行ルート、時刻表は下記URLにてご確認ください。
http://www.town.kyonan.chiba.jp/kyonan/categories/kikaku-04/

【総務企画課 企画財政室】

【育児】

児童手当の振込日はいつですか
児童手当は、原則として、毎年6月、10月、2月の10日に、それぞれ前月分までを受給者名義の金融機関の口座へ振り込みます。
ただし、10日が土曜日、日曜日、祝日にあたる場合は、その直前の平日に振り込みます。
受給者の方には、毎年6月に現況届をお送りいたしますので、提出をしてください。現況届の提出がないと、6月分以降の手当が受けられなくなります。

【保健福祉課 福祉支援室】

【育児】

ひとり親家庭で相談したい事があるのですが
保健福祉センターすこやか
児童、高齢者、障害児(者)、母子・父子家庭など……例えば、児童手当や児童扶養手当など手当関係のこと、子ども医療費やひとり家庭等医療費のこと、障害のある子どもさんの療育手帳や補装具のこと、また福祉・保健についての様々な相談・指導など…福祉のことならどなたでもご利用できます。

【保健福祉課 福祉支援室】

【育児】

児童扶養手当とは、どういう制度ですか
母子・父子家庭等の生活の安定と自立を助け、児童の福祉の増進を図ることを目的として児童扶養手当の支給が行われています。
受給資格者は、父母の離婚などで、父または母と生計を同じくしていない児童(18歳に達する日以後の最初の3月31日までの児童、または20歳未満で一定の障害の状態にある子)を養育する母子家庭の母、父子家庭の父または養育者です。
支給額は所得に応じて、児童1人の場合で、月額41,140円から9,710円まで10円きざみの額で、支給停止があります。なお、第2子では5,000円、第3子以降は1人につき3,000円加算となります。

【保健福祉課 福祉支援室】

【育児】

特別児童扶養手当とはどのような制度ですか
精神又は身体に重度または中度の障害を有するため、日常生活において介護を必要とする20歳未満の 児童を育てている父母または父母が育てていない場合に父母に代わってその児童を養育している人に支給される手当です。
支給要件および支給対象者
次のいずれかに該当する児童を育てている父母又は養育している人
1.身体障害者手帳の等級が1級から3級又は下肢障害4級の一部の人(内部障害を除く)
上記等級以外の人や内部障害及び身体障害者手帳を所持していない人については、所定の診断書により一定の基準を満たす人
2.療育手帳の障害程度が○A、Aの1、Aの2の人
上記障害程度以外の人や療育手帳を所持していない人については、所定の診断書により一定の基準を満たす人
3.精神障害については、所定の診断書により一定の基準を満たす人所得制限
本人または扶養義務者などの所得が、一定額を超える場合には手当は支給されません。

【保健福祉課 福祉支援室】

よくある質問(FAQ)へ戻る