町税の種類

町県民税(個人)

町県民税(個人)は、毎年1月1日現在、鋸南町内に居住している方に前年中の所得に応じて課税されます。
また町内に住所を有しない方であっても、町内に事務所や家屋敷等を有する人には均等割が課税されます。       ※平成28年度から千葉県内全市町村で個人住民税の給与天引きを徹底します。                   個人住民税の特別徴収(給与天引き)の制度

◆申告しなければならない人
    • ・勤務先から給与支払い報告書が提出されていない人
    • ・給与から町(県)民税が天引きされていない人
    • ・不動産(地代・家賃),事業(農業・漁業・小売業等)配当などの所得があった人

※ただし、所得税の確定申告書を税務署に提出している方は、申告する必要はありません。

◆申告しなくてもよい人
    • ・前年中の所得が給与所得だけの人(※)
    • ・前年中の所得が国民年金だけの人
    • ・前年中の所得が町の条例で定める金額以下の人

※ただし、(※)に該当する人が、雑損控除,医療費控除あるいは寄付金控除などを受けようとする時は、申告が必要となります。

◆町県民税が課税されない人
  • ・生活保護法の規定による生活扶助を受けている人
  • ・障害者,未成年者,寡婦又は寡夫で、前年の合計所得が125万円
  • 以下の人
    ・均等割のみの納税義務者のうち、前年の合計所得金額が町の条例で定める金額以下の人
◇計算方法・税額
◆均等割
  • 県民税  年額 1,500円
  • 町民税  年額 3,500円
◆所得割
  • 課税標準額 × 税率 − 税額控除等 = 所得割額
  • 県民税  税率 4%
  • 町民税  税率 6%
  • ※課税標準額とは、総所得金額から所得控除合計額を引いたものです。

町民税(法人)

鋸南町に事務所または事業所などがある法人に対し、均等割額及び法人税割額が課税されます。

◆均等割
区分 町民税の税率(年間)
従業員数
50人超
従業員数
50人以下
資本金等の金額  50億円超 3,000,000円 410,000円
 10億円超50億円以下 1,750,000円 410,000円
 1億円超10億円以下 400,000円 160,000円
 1千万円超1億円以下 150,000円 130,000円
 1千万円以下 120,000円 50,000円
上記以外の法人 50,000円
  • ※1 「資本金の金額」とは、資本金の金額又は出資金と資本金積立金額
    (法人税法第2条第17号参照)との合計額
  • ※2 「従業員数」とは、均等割を課税する市町村内の事務所等の従業員数のことであり、俸給・給与もしくは賞与又はこれらの性質を有する給与の支払いを受ける役員も含みます。
◆法人税割
  • 法人町民税    9.7%
  • ※鋸南町では、法人町民税の算出には「標準税率」を適用しています。

固定資産税

毎年、1月1日現在、鋸南町内に固定資産(土地・家屋・償却資産)を所有している方に対し、その固定資産の価格に応じて課税されます。

◆固定資産税を納める人(納税義務者)
  • 固定資産税を納める人は、原則として土地、家屋、償却資産の所有者です。
◆免税点
  • 町内に同一人が所有する土地、家屋、償却資産のそれぞれの課税標準額が次の金額に満たない場合には、固定資産税は課税されません。
  • 土地  30万円    家屋  20万円    償却資産  150万円
◆税額の算定方法

固定資産税は次のような手順で税額が決定され、納税者に通知されます。

  • 1.固定資産を評価し、その価格を決定し、その価格をもとに、課税標準額を算定します。
  • 2.課税標準額 × 税率(1.4%) = 税額
  • 3.税額等を記載した納税通知書を納税者あてに通知します。
◆土地に対する課税標準の特例措置

住宅の敷地として利用されている土地には、課税標準の特例措置があります。

  • ○小規模住宅用地
  •  200㎡以下の住宅用地(200㎡を越える場合は、住宅1戸あたり200㎡までの部分)の課税標準額については、価格が6分の1に軽減されます。
  • ○住宅用地
  •  小規模住宅用地以外で、住宅の床面積の10倍までの住宅用地は、価格が3分の1に軽減されます。
◆新築住宅の軽減措置

専用住宅・併用住宅などの住宅を新築した場合は、新築後一定期間の固定資産税が2分の1に減額されます。
併用住宅の場合は、住宅部分の割合が2分の1以上の住宅部分について対象となります。

  • ○床面積要件
  •  新築時期による適用は次のとおりです。
新築時期 床面積要件
平成12年1月2日から平成13年1月1日までの新築分 40㎡(35㎡)以上280㎡以下
平成13年1月2日以降の新築分 50㎡(35㎡)以上280㎡以下
平成17年1月2日以降の新築分 50㎡(40㎡)以上280㎡以下

※( )内の面積は、一戸建以外の賃借住宅が適用となります。

  • ○減額される範囲
  •  住居部分について120㎡までが対象となります。
  • ○減額される期間
  •  ア 一般の住宅(イ以外の住宅)・・・・・新築後3年度分
  •  イ 3階以上の中高層耐火住宅・・・・・・新築後5年度分
◆価格と縦覧帳簿の閲覧

固定資産税の算定の基礎となる資産の評価は、土地・家屋は3年ごとに、償却資産は毎年適正な評価をして固定資産課税台帳に登録します。この固定資産課税台帳は、納税義務者本人(代理人の場合は委任状が必要)もしくは納税管理人の方が閲覧することができます。
土地又は家屋の固定資産税を納税している方は、毎年4月1日から5月2日までの間、固定資産税課税台帳を基に作成される土地・家屋価格等縦覧帳簿を、役場税務住民課窓口で閲覧することができます。

軽自動車税

毎年4月1日現在、町内において原動機付自転車,軽自動車,小型特殊自動車,二輪車の小型自動車を所有している方に課税されます。

◆税額

それぞれ車種の種類により、次のとおりとなります。
なお、4月2日以降に車を廃車してもその年の税金は減額されません。

車種内容 年税額
原動機付自転車 一種(50cc以下) 2,000円
二種乙(90cc以下) 2,000円
二種甲(125cc以下) 2,400円
三輪以上50cc以下のもの(ミニカー) 3,700円
 軽自動車  二輪 3,600円
 三輪 登録年度にて異なります
 四輪  乗用(自家用) 登録年度にて異なります
 貨物(自家用) 登録年度にて異なります
 乗用(営業用) 登録年度にて異なります
 貨物(営業用) 登録年度にて異なります
 二輪の小型自動車 6,000円
小型特殊自動車  農耕作業車 1,600円
 その他 4,700円
◆申告手続き
  • 次の場合は、手続きが必要となります。
  •  ・取得したとき
  •  ・売買したとき
  •  ・廃車するとき
  •  ・盗難にあったとき(盗難届の受理番号を控えておいてください)
  •  ・住所が変わったとき
手続きするところ 必要なもの
原動機付自転車
小型特殊自動車
・鋸南町役場税務住民課 税務収納室
役場本庁 1階
・保健福祉総合センター「すこやか」
(町民サービスコーナー)
 印鑑
ナンバープレート
(廃車・名義変更の場合)
標識交付証明書
(廃車・名義変更の場合)

町たばこ税

たばこを消費する方に対して負担していただく税金で、日本たばこ産業(株)等が消費者にかわり町内の売上本数に応じて町に納付されます。
町内で販売された、たばこの代金には1本あたり約5.2円(1箱あたり約104円)の町の財源となる税金が含まれています。たばこは町内で買いましょう。

入湯税

鉱泉浴場に入浴される方に負担していただく税金で、税率は入湯客1人1日について150円です。
鉱泉浴場の経営者が特別徴収義務者となって入浴客から入湯税を徴収し、毎月15日までに、前月分の入湯税にかかる必要書類と併せて、町に徴収した入湯税を納めることとなっています。
入湯税は目的税であり、その使途は主に観光の振興に要する費用に充当しています。