給水地点について

建設水道課水道室では、災害事故等による施設の被害や、それによるお客様への影響を最小限に止めるため水道施設整備計画に基づき、老朽した水道施設の整備を実施しております。

また、応急復旧・応急給水を迅速に行うため、地震規模や被害状況に応じ、近隣水道事業体との上水道相互応援協定並びに、千葉県との千葉県水道災害相互応援協定を締結し、応援体制の強化を図っています。

飲料水の備蓄について

生命維持に必要な飲料水は、ひとり1日3リットルです。

建設水道課水道室では、各避難場所へ給水車及び、非常用飲料水用袋(6リットル)で対応してまいります。災害の直後は混乱が予想されますので、各家庭で最低3日分は、ペットボトルなどで飲料水を備蓄することをお勧めします。ポリタンクなどに水道水を備蓄する場合には、塩素による殺菌効果が3日程度のため、3日に1度は汲み替えて、直射日光を避けて保存して下さい。

給水拠点場所(避難場所)

ご存知ですか?あなたの地区の避難場所

 

いざという時のために、確認しておきましょう!