水道水ができるまで

水道の水源は、川の水、ダムに貯めた水、地下水と大きく三つに分けられます。
それらの水を安心して飲める水にするために浄水場へ運びます。
鋸南町の水道は、鋸山ダム、元名ダムに貯めた水と、利根川水系である南房総広域水道企業団(注1)からの受水でまかなっております。

jousui-frow

浄水場では、まず、水の中の小さなゴミや砂をポリ塩化アルミニウム(PAC)という薬の働きで沈みやすい固まりにします。そして、水の中の沈みやすくなったゴミや砂は、沈でん池で取り除かれます。
次にろ過池では、もっと細かいゴミやバイ菌を取り除くため、敷き詰められた砂や砂利に水を通しろ過します。さらに塩素という薬で消毒してきれいにします。
他にもいろいろな設備で、水道の水の安全を毎日検査し、いつでも安心して使えるように、日夜職員が仕事をしています。
最後に配水池に貯められた水は、道路の下に埋められている配水管を通って私たちの家や学校に送られてきます。
地震などの災害で「水道が出ないのが一番困る。」という声が圧倒的に多いようです。

(注1) 南房総広域水道企業団からの受水についてはこちらでご覧いただけます。