特定健診

今まで町で実施してきた総合検診の中の老人保健法に基づく基本健康診査(尿検査・身体計測・血圧測定・血液監査・診察・心電図・眼底検査)は廃止となり、平成20年4月1日から新たに特定健診が始まります。
特定健診とは、医療保険者が40歳〜74歳の被保険者に責任を持って検診を実施するという制度です。基本健康診査の検査内容が下記のとおり変わり、検査を実施します。対象者は40歳〜74歳の国民健康保険加入者のみとなります。40歳〜74歳の国民健康保険加入者以外の方は、各医療保険者に健診についてお問合せ下さい。75歳以上の方は、後期高齢者検診として実施しますので、後期高齢者検診のページをご覧下さい。

特定健診検査項目

尿検査(尿たんぱく・尿糖)、身体計測(身長・体重・腹囲)、血圧、問診、診察
血液検査(中性脂肪、HDL、LDL、HbA1c、空腹時血糖、GOT、GPT、γGTP、クレアチニン)
※総コレステロールが項目からなくなります。
※貧血検査・心電図・眼底検査については、診察で医師が必要と認めた方のみの実施となります。

対象者

40歳〜74歳の国民健康保険加入者

料金

自己負担あり(お問合せ下さい)

検診時期

10月頃、6日間
※総合検診の中で実施します。
5月〜2月・・・施設検診(鋸南病院)
※総合検診の特定健診未受診者の方を対象に実施します。

その他

がん検診、B型、C型肝炎検査、骨粗しょう症検診、歯周病検診は今までどおり、鋸南町に在住する方が対象です。(各検診の対象年齢については、各種検診のページをご覧下さい。