交通事故にあったとき

交通事故などで第三者から傷害を受けた場合、被害者に重大な過失がない場合、医療費は加害者が負担するのが原則です。
しかし、話がこじれたりお金が準備できない場合は困ってしまいます。そのような場合は、「第三者行為による傷病届」を提出すれば、保険で治療が受けられます。
この医療費は、国保が一時立て替え、後で加害者に請求することになります。

※加害者から先に治療費を受け取ったり示談を済ませてしまうと、国保での診療が受けられなくなることがありますのでご注意ください。

 

届出に必要なもの

  • 第三者の行為による傷病届
  • 念書
  • 誓約書
  • 交通事故証明書
  • 事故発生状況報告書
  • 人身事故証明書入手不能理由書

 

届出様式のダウンロードはこちら

第三者行為による傷病届等

第三者行為による傷病届等【覚書様式】

 

交通事故証明書は、警察への交通事故の届け出後、自動車安全運転センターから発行されます。

人身事故証明書入手不能理由書は、人身事故扱いの交通事故証明書が発行できない場合のみ必要です。