療養の給付

療養の給付

国保で治療を受けた場合は、医療費の一部を支払うだけで、残りは国保が負担します。
本人負担割合は下記のとおりです。

6歳未満 2割
6歳以上70歳未満 3割
70歳以上75歳未満 1割または3割(一定以上所得者)

療養費の給付

次のような場合で費用の全額を支払ったとき,保険適用分から自己負担額を除いた額を給付します。

療養費の内容 申請に必要なもの 申請人
急病などで、保険証を持参せず保険診療を受けたとき 療養費支給申請書・支払った医療費の領収書・診療内容の明細書(病院等発行)・保険証・印鑑 世帯主
医師の指示により、コルセット・補装具を作ったとき 療養費支給申請書・装具を必要とする医師の診断書または意見書等・装具の領収書・保険証・印鑑 世帯主
柔道整復師にかかったとき 療養費支給申請書・装具を必要とする医師の診断書または意見書等・明細な領収書・保険証・印鑑 世帯主
医師の指示により、マッサ−ジ,はり,灸などの施術を受けたとき 療養費支給申請書・施術を認めた医師の同意書・施術料金領収書・施術の明細書(施術師発行)・保険証・印鑑 世帯主
医師の指示により、病人を移送するとき 療養費支給申請書・移送を必要とする医師の意見書・領収書・保険証・印鑑 世帯主
渡航中、海外で保険診療に該当する治療等を受けたとき 療養費支給申請書・医師の領収明細書・診療内容明細書・各明細書の日本語の訳文・保険証・印鑑 世帯主

給付制限されるもの

故意の犯罪によるケガや著しい不行跡による疾病
無免許,飲酒運転により起こした自損事故によるケガ

国保でみてもらえないもの

  1. 病気とみなされないもの
    • ・正常な妊娠・出産、経済上の理由による妊娠中絶
    • ・健康診断、集団検診、予防注射
    • ・歯列矯正、美容整形
  2. 労災保険の対象となるもの
  3. 社会保険等の継続診療中のもの