退職者医療制度

退職者医療制度の届出はお済みですか?

国民健康保険の加入者で、長い間会社などに勤務し、厚生年金や共済年金などを受けられる方とその家族(被扶養者)の方は、65歳に達するまで「退職者医療制度」で医療を受けることになります。
保険証も変わりますので、次の条件の全てに当てはまる方は、年金証書を受け取ったら14日以内に、必ず税務住民課まで届出をしてください。

退職者本人
・既に国保に加入している。(または、これから加入する。)
・老人保健制度の対象者ではない。
・厚生年金や各種共済組合などの老齢(退職)年金,通算老齢(退職)年金,老齢厚生年金,退職共済年金を受けていて、その加入期間が20年以上、または40歳以降に10年以上ある。

被扶養者の方
・退職被保険者と同じ世帯で、主に退職被保険者の収入によって生活している配偶者または子や両親で、年収が130万円(60歳以上の方及び障害のある方は180万円)未満の方。

届出に必要なもの

届出の際は、年金証書と国保の保険証,印鑑をお持ちください。

国保のためにも届出は必ずしましょう

退職者医療制度では、一部負担金と保険料以外の医療費は職場の健康保険などが出し合う拠出金で賄われます。
届出が遅れると、本来、拠出金から支払われるべき医療費を国保が負担しなければならなくなってしまいます。
国保の適正運営のためにも、対象となられる方は必ず届出をしてください。